トイレのつまり.net

トイレの仕組みやつまりの原因など紹介します

トイレのつまりの原因1位

Pocket

トイレのつまりが発生する原因の中にも、頻発しやすいことと、珍しいケースとがあります。原因の1位としてあげられるのが、トイレットペーパーを大量に流してしまうこと。特に異物を流したわけでもないのに、トイレがつまってしまったという場合は、トイレットペーパーを流し過ぎている可能性があります。つまり、トイレットペーパーをふんだんに使い過ぎているわけです。トイレットペーパーは水に溶けるように加工されてはいるものの、一度に大量に流し過ぎれば、トイレが流れにくくなるのは当然のこと。目安としては、月に3~4ロール程度を流すのが適切です。

トイレわかりやすいのは、異物を流してしまったあとです。ただし、異物と思わずにトイレに流してしまったものが原因で、トイレのつまりが発生することもあります。例えば、嘔吐物、猫砂、ペットの排泄物などは、よくある異物です。基本的に、トイレに流してよいのは、人の排泄物とトイレットペーパーのみと思っておきましょう。トイレに流せるお掃除シートなども、流さないほうがトイレのつまりを起こしにくいのです。

ときには、節水のための工夫が、トイレのつまりを発生させてしまいます。トイレタンクにペットボトルを入れておくような節水方法も、つまりの原因となりかねません。節水のためと思っていたところが、逆に水の無駄遣いになる可能性もありますから、あまり変わったことはしないほうがよいでしょう。

トイレがつまる前兆

Pocket

トイレットペーパートイレのつまりは急に発生すると思われがちですが、実はつまる前兆があります。大抵の場合、トイレのつまりが起こるのは、何度も使用されるうちに蓄積された原因によるもの。いよいよつまるときには、前兆がある場合がほとんどです。

トイレのつまりの主な前兆は、3つ。1つは、便器の水位が上がってくることです。何となくでも、便器の水位が上がっていると感じたら、要注意。放っておくと、たちまち便器から水があふれるほどの水位になることがあります。原因は、便器の排水路である下水管が詰まっていることが多いのです。2つめは、水を流したときにゴボゴボというような異音が発生してくること。下水管にトラブルが起こっていたり、つまりが深刻になっていたりする可能性があります。この場合、自力で対処しようと思っても困難なことが多く、専門業者に頼ったほうが賢明です。特に、集合住宅でしたら、管理会社や大家さんに早めに連絡をしたうえで、許可が出たら専門業者を呼びましょう。

3つめの前兆は、水が少ないか、流れが悪いこと。トイレタンクに原因があることが多く、タンクの部品が破損していたり、ひっかかりがあったりするかもしれません。タンクのフタを開けて、チェックしてみてください。

トイレが流れる仕組み

Pocket

トイレについてトイレは、どこの家庭でもつまる可能性があります。なぜ、トイレのつまりが発生するのかを知る前に、トイレが流れる仕組みについて、理解しておきましょう。まず、トイレタンクの役割と水がたまる仕組みについて説明します。トイレタンクは、トイレを次に使用するときに流すとき用の水をためておくところ。最新式のトイレではタンクレスのトイレもありますが、ほとんどのトイレはタンクが目に見えるデザインになっています。

トイレのレバーをひねると、タンクにたまっていた水が流れ、バルブが閉じるとタンクに水がたまるようになっているのが、基本の仕組み。タンクに一定の水がたまらないと、レバーをひねっても水が上手く流れてくれません。連続で水を流したいときなどは、注意する必要があります。水があふれないのは、タンクに一定の水がたまると、内部の浮き球が給水を止めるようになっているためです。

一般的な洋式トイレは、排水部につながる配管がカーブしています。トイレのレバーをひねってタンクから水が流れると、水の勢いによって排水口や排水路へと汚物が押し出されるようになっています。ただ、家庭によっても、トイレの構造は違うもの。トイレのつまりが発生したときに、どこに物が詰まっているのか想像がつくのも、トイレの構造を理解しているからこそ。構造がわかっていれば、自力で何とかできそうか否かの判断も、すぐにつきます。

トイレのつまりの発生原因

Pocket

トイレットペーパーに注意トイレのつまりは、なぜ発生するのでしょうか。決して珍しいことではないトイレのつまり問題について、トイレが流れる仕組みからトイレがつまる前兆、トイレのつまりの原因として代表的なことなどを紹介していきます。

トイレのつまりがどこで発生しているのかを知るには、トイレの構造や流れる仕組みを知っておくことが役立ちます。特に、トイレの構造を理解せずに、つまりを何とかしようとすると、かえってトラブルを大きくしてしまう恐れがあるもの。自力でどこまで対処できるかを理解しておくためにも、水が流れる仕組みやトイレの構造について知っておきましょう。トイレの構造は、各家庭によっても異なります。

トイレがつまるには原因がありますが、その前兆をとらえておけば、事前にトラブルを防げる可能性があります。主なトイレのつまりの前兆は、3つ。中には、専門業者を呼ばなければ、解決しにくいケースもあります。トラブルを大きく発展させなためにも、早めに専門業者に相談してみることをおすすめします。

代表的なトイレのつまりの原因は、意外にも、一度にトイレットペーパーを流し過ぎてしまうこと。異物とは思わずに、ペットのトイレ用品や汚物、吐しゃ物を流してしまうことも、トイレのつまりの原因となり得ます。節水のために、トイレタンクにペットボトルを浮かせておくなども、かえって水の無駄遣いや破損の原因となりかねませんから、注意しておくようにしましょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén